2010年

●44回モントルージャズフェスティバル出演

●秋田県イメージアップ貢献者賞

2011年 

●被災地応援ライブ開始

●箏マイクシステム特許取得

●由利本荘市芸術文化協会連合会特別賞

2015年

●ハンガリーヴァーツ音楽祭出演


リンク

最新DVD

世界へ誇れ!由利本荘の文化力!!

国文祭記念BRONZE道心ライブ

定価 4,000円(税込)

ブロンズと地元小中高生、伝統芸能が驚くべきコラボ!!

絶賛発売中♪

 詳細はコチラ

◆NEW CD on sales

試聴はMySpace

  Click Here

ご購入は画像をクリック ↓

Select  Language

 

日本語 ・ English

 

Member

Ryuma (Leader)

       :Gr, Koto

Bo-ya : Bass

BURN Kajiwara: Drums

Rena: Taiko

CD / DVD 販売

ご注文は!ブロンズ事務局まで。

bronzedoushin@yahoo.co.jp

Myspace(試聴)

書:蕗野雅宣
書:蕗野雅宣

業界の救世主と成りえる『 BRONZE道心 』の捜索

 

昨今の世にあふれる音楽に閉口している音楽ファンが多いと思います。

「聞くものがない」「みんな同じに聞こえる」「何を買っていいかわからない」等、

誰もが1度は耳にした事があるはずです。何故なのでしょうか。

 

長年世界の音楽業界は右肩上がりのバブルでした。

メジャーレコード会社も余裕がありました。

多種に渡ったジャンルにスターがいました。

余裕がなくなった昨今「効率化」が最大テーマとなり「すぐ売れるもの」「二番煎じ」

「流行りのジャンル」等が最優先され工業製品のごとく世に送り出しています。

「○○風」が売れると思っているからです。

しかし効率化を求めてもさらに音楽が売れなくなっています。

 

「外見(そとみ)」の似たものばかりを世に送り出しますが、

結果的に最大の過ちを犯し続けました。

つまり形だけ(類似品)を作り中身(音楽そのもの)を入れ忘れたからです。

Love songを唄ったからと言って愛のこもった音楽ではありません。

「心」がなければ「愛」は伝わりません。音楽とはそういうものでした。

結果的に「聞くものがない」「みんな同じに聞こえる」「何を買っていいかわからない」

と音楽ファンに言われてしまいました。

 

演者(アーティスト)のそれぞれが持つ体や考え人生含めて、

その演者にしか表現できない音を 11音本気で紡ぎ出すことができて初めて

オリジナルで人に伝わる音楽が生まれます。

アーティストの内面「心」そのものが「音楽」に反映されるということです。

 

BRONZE道心は、まさにそんなバンドです。

インストバンドなのに聞く者に強く語りかけてきます。

エレクトリック&和楽器の「各演者の音」が紡ぎ出すサウンドは「人間くささ」が感じられます。

それはBRONZE道心がまるで1人の人間のように「心」を持つバンドだからです。

また「心」から伝える音(音楽)は聞き手を限定しない優し()さがあります。

 

BRONZE道心は年齢/性別/国籍そして場所を選びません。

地元秋田のワンマンLIVEは、園児からそのお爺ちゃん、お婆ちゃんまで幅広いファンを1,000人規模で集めます。またスイス44thモントルージャズフェスティバルでは全くBRONZE道心の存在すら知らない観客たちを魅了しました。またスイス44thモントルージャズフェスティバルでは全くBRONZE道心の存在すら知らない観客たちを魅了しました。民謡・ダンス・美容師・写真・合唱・金管バンド・伝統芸能・バレエ等多くのコラボレートし、 文化・人とつながる「風の輪LIVE」も自主企画しています。

 

今年も昨年に続き東北被災地での慰問LIVEでは老若男女の方々に音楽を届けに行きます。

 

音楽の根源的な喜びを伝える「BRONZE道心」。

BRONZE=「銅」、銅板レリーフの内側から凹凸をつけて表面をつくるように心(内側)から作りだすオリジナル音楽が日本中/世界中を席巻するのはそう遠くない未来だろう。

                   

 

                  

My CD Store 株式会社ポスカ代表 鈴木広巳